アンバサダー

松川 恵一

【京都】京都、その地は古い因習と、新しいコト・モノを受け入れる地であり、とても居心地の良い処でもある。                

Share

facebookでシェア
松川 恵一

Profile

大阪で生まれ、東京で人格を形成し、京都で起業して44年の歳月が過ぎました。
デザイン事務所からモノ・コトのプロデュース業務を基本に、2020年京都駅の近くに「てら場」と名付けた、次なる世代に受け渡す「何か?」を模索し、行動するネットワークを構築中。モノを必要とするには、コトの在り方が必然と考え、日本の伝統儀式の再構築を目指す「嵜ノ道」プロジェクトをスタート。

京都、その地は古い因習と、新しいコト・モノを受け入れる地であり、とても居心地の良い処でもある。
 

松川 恵一さんのサポートする生活

松川 恵一さんのサポートする地域の渡り鳥ハウス