日本中の「家」を住みこなす ~
wataridori

日本中の日常で、
渡り鳥のように暮らす。

知らない土地、人、物、歴史、文化。
様々な価値観に出会い、気づき、「自分らしい暮らし方」を見つける。
翼を広げ、いつもと違う景色のために飛び立つ。

渡り鳥のように

ある日、あの町に行ってみようと「wataridori」を開いた。
私が幼い頃に祖父に連れられ初めて訪れた港町。思い出を頼りに、それらしき町を選ぶ。
どこか記憶の中の景色に似ているような気もするが、きっとここではないのだろう。
幼き日の甘美な思い出はすべてが曖昧で、記憶の断片をつなぎ合わせて町と家を決めた。

その町の家では町のことを教えてくれる家のオーナーと、案内人が待っていた。
「よく来てくれたね」と笑顔で迎えてくれて、町での暮らしが始まった。

初めての朝、まずは早朝の港に出かけることから始めた。
忙しく走るフォークリフトにクラクションを鳴らされ、気のたった漁師に怒られた。
それでもめげずに港に通う日々は続いた。毎日1尾と決め、違う魚を買って帰る。
昼は刺身、夜は煮付けか焼き魚。翌朝には、残った骨でとった出汁で簡単な味噌汁を作る。

港に通ううち、次第に漁師とも顔見知りとなり、
やがて彼らの表情で不漁の日がわかるようになった。魚の扱いも板についてきた。
最初は珍しい物を見るような視線を送っていた港の人々が、話しかけてくれるようになり、
余った魚をくれるようになった。思い出の風景に溶け込んでいる自分がそこにいた。

自宅に帰り、近所にあった魚屋に立ち寄った。
型の良い魚を尾頭付で注文すると「何枚におろしますか?」と聞かれた。
「そのままで」と答えた私の頭に浮かんだのは、あの港町での暮らしだった。
また、違う港町に出かけようと思った。

日本中の「家」を住みこなす ~wataridori

あなたは「自分が好きな地域・場所」で暮らしていますか?あなたは「自分らしい暮らし方」を実現できていますか?「wataridori」は、日本中の異なる地域の暮らしを体験できる「舞台装置」。私たちは地域の中に埋もれてしまった、使い手のいなくなった古民家、歴史ある町の町家、大自然の中にある西洋風別荘などをオーナー様からご提供いただき、会員の皆様に地域・自治体と一緒に暮らし方のヒントをご提供します。渡り鳥(会員)となった皆様は、私たちが提供する日本中の「家」で自由に暮らしていただけます。あなたが本当に求めていた「自分らしい暮らし方」の再発見をお手伝いをします。

日本中の「家」を住みこなす〜
「wataridori」
「自分らしい暮らし方」の再発見

渡り鳥ハウス・オーナー

その地域で大切に利用されてきた「家」、古民家、町屋、別荘を、「wataridori」に共感し、物件提供。時に会員にその暮らし方のコツや知恵を共用。

渡り鳥会員

日本の中で自分らしい場所や地域を求めるため渡り鳥ハウスを利用し、オーナーや地域・自治体とともに、自分らしい暮らし方を再発見。

地域・自治体

温かく「wataridori」を受け入れ、会員に向けて地域の魅力や暮らし方のヒントを提供、渡り鳥会員がスムーズにその地域で暮らす支援を行う。

舞台となる渡り鳥ハウス

COMING SOON

京都府・清水寺下

大分県・由布市(湯布院)

鹿児島県・霧島市

山口県・宇部市

宮城県・刈田郡(蔵王)

群馬県・長野原町

千葉県・浦安市(舞浜)

NO IMAGE

東京都(タワーマンション)

「渡り鳥ハウスオーナー」
「地域・自治体」は全て、
渡り鳥会員の日常を
応援するパートナーです。
パートナーと拠点を拡大中です。

会社概要

会社名 全国渡り鳥生活倶楽部株式会社
会社設立 2018年11月1日
代表者 代表取締役 牧野知弘
事業内容 日本の不動産を活用した会員制ビジネス
本社所在地 東京都千代田区有楽町一丁目
9番4号 蚕糸会館5階